Widgets by ムビチケ

 陶器職人の主人公・誠治と、海外で活躍する彼の息子・学、そして主人公が知り合う在日ブラジル人青年・マルコス。リアルな今を生きる3人の関係を軸に、独自の視野から「家族」という普遍的なテーマに挑んだ感動作が誕生した。
 主人公・神谷誠治を演じるのは日本を代表する名優、役所広司。焼き物を本格的に練習して撮影に臨んだ本作では、親の愛を知らずに育ち、不器用だが家族を深く愛する男の複雑な心情をまさに唯一無二の演技で表現している。息子の学には、NHK大河ドラマ「青天を衝け」に渋沢栄一役で主演した吉沢亮。マルコス役のサガエルカス、彼の恋人エリカ役のワケドファジレらオーディションで選ばれた、実際に日本で暮らすブラジル人の若者や、日系4世らのヒップホップグループGREEN KIDSの“当事者”による演技は、“演技”の域を超えた本物の煌めきを放つ。さらに“サムライギタリスト”として世界的に知られるMIYAVIが強烈な印象を残し、佐藤浩市、松重豊、中原丈雄、室井滋らベテラン俳優が絶妙なアンサンブルを見せる。
 現在、約280万人の外国人が暮らしている日本。その中のブラジル人に光を当てた本作は、実際に起きた事件などをヒントにした、いながききよたかのオリジナル脚本の映画化。『八日目の蟬』『ソロモンの偽証』の名匠・成島出監督が、フィクションとノンフィクションの境界線上のリアリティーを鮮やかに描き出した。
 誠治をはじめとする彼らの、国籍や育った環境、話す言葉などの違いを超えて家族を作ろうとする想い、大切な人と共に生きていきたいという願いは、どんな憎しみよりも強靭な無償の愛へと昇華し、殺伐としがちな現代に温かい希望の明かりをともしてくれるだろう。

 陶器職人の神谷誠治は妻を早くに亡くし、山里で独り暮らし。アルジェリアに赴任中の一人息子の学が、難民出身のナディアと結婚し、彼女を連れて一時帰国した。結婚を機に会社を辞め、焼き物を継ぐと宣言した学に反対する誠治。一方、隣町の団地に住む在日ブラジル人青年のマルコスは半グレに追われたときに助けてくれた誠治に亡き父の面影を重ね、焼き物の仕事に興味を持つ。そんなある日、アルジェリアに戻った学とナディアを悲劇が襲い……。

1961年生まれ、山梨県出身。学生時代から自主映画を撮り、『みどり女』でぴあフィルムフェスティバルに入選する。94年から脚本家として活躍した後、役所広司を主演に迎えた初監督作『油断大敵』(03)で藤本賞新人賞とヨコハマ映画祭新人監督賞を受賞。以降、『フライ,ダディ,フライ』(05)、『孤高のメス』(10)、役所広司主演『聯合艦隊司令長官 山本五十六』(11)など数々の話題作を手がける。『八日目の蟬』(11)は第35回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞など10部門を受賞する。本作の後、役所広司主演『銀河鉄道の父』が2023年公開予定。
【その他の作品】ソロモンの偽証 前篇・事件、ソロモンの偽証 後篇・裁判(15)、ちょっと今から仕事やめてくる(17)、グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~(19)、いのちの停車場(21)

  • 大学卒業後、円谷プロダクション、大映ドラマ等でフリーの制作担当としてテレビドラマ制作に携わる。映画第1作は、制作担当を務めた斎藤光正監督『積木くずし』(83)。以後、『夜叉』(85)、『SONG FOR U.S.A.』(86)、『あ・うん』(89)、アメリカ映画『ミスター・ベースボール』(92)などに参加。
    【その他の作品】佐賀のがばいばあちゃん(06)、少年H(12)、追憶(17)、峠 最後のサムライ(19)、とんび(21)

  • 1977年生まれ、愛知県出身。02年より現場制作部を経て、07年、『オリヲン座からの招待状』で脚本家として劇場映画デビュー。以後、『ハブと拳骨』(06)、『むずかしい恋』(07)、『ヒカリサス海、ボクノ船』、『春よこい』(08)、『洋菓子店コアンドル』(10)、『臍帯』(12)などを手がける。
    【その他の作品】ソレダケ/that’s it(15)、凪の海、リトル・サブカル・ウォーズ ヴィレヴァン!の逆襲(20)

  • 愛知県生まれ、長野県育ち。石井隆監督と出会い映画音楽の仕事をスタートさせ、石井監督の『死んでもいい』(92)、『ヌードの夜』(93)、『GONIN』(95)、『花と蛇』(03)などを手がける。成島出監督作品では、日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞した『八日目の蟬』(11)、『ソロモンの偽証 前篇・事件』『後編・裁判』(15)、『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』(19)などを担当する。
    【その他の作品】HOKUSAI(20)、ツユクサ(21)、大河への道、冬薔薇(ふゆそうび)(22)

  • 1950年生まれ、千葉県出身。85年、『カポネ大いに泣く』でキャメラマンデビュー。成島出監督作品では、日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞した『八日目の蟬』(11)、『ソロモンの偽証 前篇・事件』『後編・裁判』(15)、『ちょっと今から仕事やめてくる』(17)などに参加。17年、紫綬褒章受章。
    【その他の作品】月はどっちに出ている(93)、舟を編む(13)、空飛ぶタイヤ、こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(18)、カツベン!(19)

  • 1957年生まれ、沖縄県出身。91年、『あさってDANCE』で照明技師デビュー。以降、黒沢清監督『カリスマ』(99)、『回路』(00)や、瀬々敬久監督の『64-ロクヨンー前篇』『後編』(16)、『糸』(20)、『とんび』(21)などに参加。 成島出監督作品は本作が初参加となる。
    【その他の作品】犬と私の10の約束(08)、南極料理人(09)、サバイバルファミリー、終わった人(17)

  • 1967年生まれ、埼玉県出身。日本映画学校(現・日本映画大学)第一期卒業後、フリーの録音部として映画に携わり、『タイヨウのうた』(06)で録音技師デビュー。成島出監督作品では、日本アカデミー賞最優秀録音賞を受賞した『八日目の蟬』(11)、『ふしぎな岬の物語』(14)、『ソロモンの偽証 前篇・事件』『後編・裁判』(15)、『いのちの停車場』(21)などに参加。
    【その他の作品】鍵泥棒のメソッド(12)、永遠の0(13)、TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ(16)、半世界(18)、決算!忠臣蔵(19)

  • 1958年生まれ、栃木県出身。東京造形大学卒業後、日活入社。91年、美術監督として独立し、11年から城西国際大学メディア学部にて教鞭をとる。成島出監督作品では、『聯合艦隊司令長官 山本五十六』(11)、『草原の椅子』(13)に参加。
    【その他の作品】真夏のオリオン(09)、小川の辺(11)、起終点駅 ターミナル(15)、あの頃、君を追いかけた(18)

  • 1951年生まれ。83年、故佐藤結樹氏と有限会社ポパイアートを設立。以降、『南極物語』(83)、『敦煌』(88)、『天と地』(93)、春の雪(05)、アイアムアヒーロー(15)など、現代劇から時代劇まで幅広く多くの作品を担当。成島出監督作品では、『聯合艦隊司令長官 山本五十六』(11)に参加。
    【その他の作品】小川の辺(11)、蜩の記(ひぐらしのき)(13)、万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-(14)、杉原千畝 スギハラチウネ(15)

  • 1960年生まれ、秋田県出身。フリーランスの編集助手を経て、88年『ふ・し・ぎ・なBABY』で編集者となる。以降、『KAMIKAZE TAXI』(95)、『ラヂオの時間』(97)、『美しい夏キリシマ』(02)、『聯合艦隊司令長官 山本五十六』(11)などに参加。『写楽』(95)、『バトル・ロワイアル』(00)で日本アカデミー賞最優秀編集賞を受賞。
    【その他の作品】 花戦さ(17)、空母いぶき(19)、ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-(20)、大河への道(22)、いつか、いつも・・・・・・いつまでも。(22)

  • 東京都出身。日活撮影所を経て、現在、フリーランスのスクリプターとして、『大日本人』(07)、『おくりびと』(08)、『君に届け』(10)など多数の作品に携わる。成島監督作品は、『ラブファイト』(08)、『ふしぎな岬の物語』(14)、『ちょっと今から仕事やめてくる』(17)を手がける。
    【その他の作品】ヒロイン失格(15)、たたら侍(16)、羊と鋼の森(17)、『RAILWAYS』シリーズ3作品(10・11・18)

  • 福岡県出身。STAN-S主催。映画、ドラマ,CMなど、映像を中心に幅広く活動。成島出監督作品は『八日目の蟬』(11)、『ソロモンの偽証 前篇・事件』『後編・裁判』(15)、『グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~』(19)、『いのちの停車場』(21)など多数参加。
    【その他の作品】父と暮せば(04)、勝手にふるえてろ(17)、最高の人生の見つけ方(19)、私をくいとめて(20)、浅草キッド、そしてバトンは渡された(21) マイ ブロークン マリコ (22) マンホール (23)

  • 『八日目の蟬』(11)、『ソロモンの偽証 前篇・事件』『後編・裁判』(15)、『グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~』(19)、『いのちの停車場』(21)など多数の成島出監督作品に参加。
    【その他の作品】忍びの国(17)、生きてるだけで、愛。(18)、最高の人生の見つけ方(19)、空に住む、おらおらでひとりいぐも(20)、唐人街探案3(21)

  • 89年、大学卒業後、有限会社東洋音響に入社。その後、株式会社ディオスを経て、現在フリーとして映画、TV、CM、PV、ゲーム等の音響効果に携わる。成島出監督作品は、『八日目の蟬』(11)、『グッドバイ ~嘘から始まる人生喜劇~』(19)、『いのちの停車場』(21)などに参加。 【その他の作品】永遠の0(13)、万引き家族(18)、浅草キッド、とんび(21)、今はちょっと、ついてないだけ(22)

  • 1954年生まれ、ニュージーランド・オークランド出身。73年、ニュージーランド・コロマンデルで焼き物を学ぶ。
    77年より岡山県で備前焼を学び、80年に石垣島に、96年に沖縄本島に築窯。沖縄の土にこだわり作陶活動を続けている。